【安全性と品質重視】シリカサプリの選び方と厳選おすすめ人気サプリ3選

こんにちは。シリカ王子です。

今回は、

女性アイコン

シリカをサプリメントで摂りたいな

女性アイコン

シリカのサプリメントは種類が多くて分かりにくい

女性アイコン

結局、どのサプリメントが良いんだろう?

と思っているあなたに、シリカサプリの種類、選び方、おすすめ商品などのご紹介をしたいと思います。

シリカ王子

当サイトでは、元シリカ水メーカー社員のシリカ王子が、シリカに関する豆知識やシリカ水の選び方などを、できるだけ専門用語を使わずに詳しく説明しています。

シリカ王子プロフィールはこちら

シリカサプリとケイ素サプリの違いは?

シリカサプリとケイ素サプリの違いは?

まずは基本的なお話をさせてください。
先日もお客様とこんなやり取りがありました。

女性アイコン

シリカサプリとケイ素サプリはどう違うんですか?

シリカ王子

いや、同じものですよ!

シリカが入ったサプリメントに対して、

・そのまま「シリカサプリ」と呼んでいる業者
シリカはそもそもケイ素の酸化物なので、「ケイ素サプリ」と呼んでいる業者
(ケイ素が入ったサプリメントではありません)

の2者があるということなんです。

なぜ、このような事になるのかを理解するのに、シリカが水に溶けると「オルトケイ酸」という物質になるという事を知る必要があります。

本来、このオルトケイ酸に美容効果や健康効果がある訳なのですが、シリカの各論文でも、

「ケイ素には○○の効果がある」
「シリカには△△の効果がある」
「オルトケイ酸には□□の効果がある」

と記述のされ方が統一されていません。

前述のとおり、オルトケイ酸は「元はシリカ」「元々はケイ素」な訳ですから、

ケイ素水=シリカ水
ケイ素サプリ=シリカサプリ

となります。

この辺りの話は、別の記事で詳しく解説していますので、興味がある方は、是非チェックしてみてください。

おすすめ記事
シリカとケイ素は違うのに、なぜシリカ水とケイ素水は同じなの?

先程、「実際に効果があるのはオルトケイ酸」という話をしましたが、この「オルトケイ酸」は本記事で何回か出てきますので、是非覚えておいてくださいね。

シリカサプリの選び方

シリカサプリの選び方

シリカサプリは大きく分けると、「固体のサプリ」と「液体のサプリ」があります。

固体のサプリには、錠剤や粉末のものがあり、お水と一緒に飲むことで小腸に届くまでに、シリカが水分に溶けてオルトケイ酸になります。

液体のサプリには、水溶液が強アルカリ性のものと、中性のものがあります。

固体・液体の状態によって、効果効能に差がある訳ではないですが、サプリメントを選ぶポイントとして一つ「品質」は気にした方が良いとお話ししています。

2019年に独立行政法人国民生活センターで、驚きの調査結果が報告されました。

「錠剤・カプセルの健康食品100銘柄の内、42銘柄が医薬品に定められた規定時間内に崩壊せず、また、2銘柄では、有効成分の含有量と表示量の大きな乖離が見られました。」

つまり、せっかくサプリメントを服用しているのに、小腸に届くまでに溶けきれず、カラダへの吸収率が悪い商品があったという事です。それも100銘柄中42銘柄もです。

サプリメントの品質管理がいかにいい加減か?という事が判明した出来事でした。
その後、日本国内の「GMP認定工場」では、錠剤・カプセルのサプリメントに対しても、崩壊試験(溶ける時間を調べる試験)を必ず実施するようになっています。

参照:国民生活センター
錠剤・カプセル状の健康食品の品質等に関する実態調査

シリカ王子

「GMP認定工場で製造されているか?」を品質判断基準の一つにしてみてはいかがでしょうか?

そもそもGMPとは?

GMPは「Good Manufacturing Practice」の略で、「医薬品の製造管理及び品質管理の基準」という意味です。簡単に言うと、

安心安全な医薬品を製造するために、工場が守るべき基準

という事です。

GMPの三原則
1. 人為的な誤りを最小限にすること
2. 医薬品の汚染及び品質低下を防止すること
3. 高い品質を保証するシステムを設計すること

日本国内製であっても、海外製であっても、GMP基準で製造されているサプリメントなら、一定の品質が保証されていると考えて良いかと思います。

イネ由来、スギナ由来で違いはあるのか?

イネ由来とスギナ由来

固体のシリカサプリでは商品によって、シリカを抽出した元の素材が「イネ」か「スギナ」という違いがあります。
どちらからシリカを抽出してもシリカ自体に変わりはありません。

スギナエキスには摂りすぎると副作用があるという点から、スギナ由来のシリカを批判する意見もあります。しかし、安全性が確保された抽出方法を使用しているサプリメントもありますので、一概にダメとは言えません。

前述の「BMP基準」以外で品質を考える場合、次の点を調べてみましょう。

・安心な素材を使用しているか?
※スギナよりイネの方が安心できるかもしれません。
・製造工程の中で、抽出などに薬品を使用していないか?
・商品情報に成分が記載されているか?
※WEBページに原料しか情報がない商品もあります。

リスクを感じる液体のシリカサプリ

シリカ濃縮液のポイント

液体のシリカサプリには、強アルカリ性のものと中性のものがあります。
楽天やAMAZONの日本市場を見ると、強アルカリ性のシリカ濃縮液ばかりが並んでいます。

強アルカリ性のものは、タンパク質を分解する力が強いので、取り扱いは要注意です。

飲む場合には、胃酸で中和されるので害はありませんが、誤って皮膚についたり、目に入ってしまうと事故になる可能性もあります。

現在は「消費者側のリスク責任が大きい商品」と考えており、おすすめしていません。

濃縮液というと、効果効能が大きいようなイメージを抱くお客様がいらっしゃいますが、シリカに関しては全く関係ありません。
濃縮されているので、確かに摂ろうと思えば、一度にたくさんのシリカを摂取できます。
しかし、カラダは必要な量以外のシリカを全て体外に排出してしまうので、効果の増大は期待できません。

シリカ水でいうと、濃度が80㎎/L以上のものを一日500mlぐらいの量で十分です。

おすすめシリカサプリ3選

ボタニカルシリカサプリメント

ボタニカルシリカサプリ

独自の特許製法で、高品質なイネ由来のシリカを抽出したサプリメントです。
今回、色々なシリカサプリを調べましたが、一日たった一粒でOKなのはお手軽で良い点です。
さらに一粒100㎎ものシリカを摂れるので、コスパが良く、良心的な商品だと思います。

内容量:錠剤30粒(30日分)
価格:公式サイト 3,460円(税込、送料込み)
Amazon 3,780円(税込、送料別)

ボタニカルシリカのここがいいね!

イネ由来で安心安全 ◎
国際特許出願製法で高品質なシリカを抽出 ◎
一日一粒当たりシリカ100㎎ ◎

原材料名 もみがら(国内製造)、麦芽糖/結晶セルロース、HPC、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
内容量 6.9g (230㎎×30粒)
栄養成分表示100g当たり エネルギー 220kcal、たんぱく質 0.1g、脂質 2.2g、炭水化物 50.1g、食塩相当量 0.0272g ※推定値

ボタニカルシリカ公式サイト

Amazon

ライシア原粉末

ライシア原粉末

 

独自の特許製法で、高品質なイネ由来のシリカを抽出したサプリメントです。
粉末タイプなので、飲み物や料理に混ぜて摂ることができます。

内容量:粉末3.5g
※30日分とすると一日シリカ47㎎
価格:Amazon 3,740円(税込、送料別)

ライシア原粉末のここがいいね!

イネ由来で安心安全 ◎
国際特許出願製法でシリカを抽出 ◎
製造工程でも薬品フリー ◎

原材料名 イネのもみ殻以外は不明
内容量 3.5g
栄養成分表示100g当たり エネルギー…0.006kcal たんぱく質…0g 脂質…0g 炭水化物…0.0007g 食塩相当量…0.00002g ケイ素…41mg

Amazon

ベジ・シリカ

ベジシリカ

原料はスギナを使っていますが、化学薬品・溶剤などを一切使わない「水抽出法」によってシリカを取り出すことで、品質の安全性を確保しています。1カプセル当たり10㎎のシリカを含有。一日に3~4カプセルが目安です。

内容量:90カプセル(23~30日分)
価格:Amazon 5,832円(税込、送料無料)

ベジシリカのここがいいね!

水抽出法と薬品フリーで安心安全 ◎

原材料名 スギナ抽出物、コーンシロップ/セルロース、HPMC、ステアリン酸カルシウム
内容量 200g(90カプセル)
含有成分1カプセルあたり エネルギー1.71kcal、たんぱく質0.044g、脂質0.006g、炭水化物0.37g、食塩相当量0.002g、カルシウム18.6mg、カリウム65.10mg、マンガン0.038mg、マグネシウム8.65mg、リン1.84mg、鉄0.07mg、シリカ10mg(ケイ素4.7mg)、ホウ素0.03mg、総フラボノイド11.7mg

Amazon

シリカ王子

この記事を読んで頂き、ありがとうございました!

今回は、シリカサプリ3つをご紹介させて頂きました。

固形のシリカサプリには、BMP基準を満たした商品はなかったのですが、国産のイネ由来のシリカサプリは、「原料」「製法」の2つで品質の安心安全を確保していました。

濃縮液タイプのシリカサプリは、調べた範囲では全てBMP認定工場で生産されており、品質に対する姿勢はとても素晴らしいと思いましたが、強アルカリ性の部分がどうしても心配で、今回おすすめ商品としては控えさせて頂きました。

当サイトでは、「みんなで健康寿命100年を目指しましょう!」をモットーにしており、健康的な食生活と運動習慣を推奨しています。

シリカに関しては、毎日の不足分を補うだけで十分です。
シリカ濃度が80㎎/L以上のシリカ水であれば、毎日500mlのペットボトル1本で十分なので、気軽に長く続けやすいのでおすすめです。

もし、あなたが健康的な食生活を目指しているなら、シリカ濃度以外にも、シリカ水を選ぶ際に大切にして欲しいポイントがあります。

下記の記事でまとめてご紹介しているので、是非一度チェックしてみてくださいね。

新着記事