【詳しく解説】シリカ水で癌になると言われる理由

こんにちは。シリカ王子です。

たまにSNSで、

女性アイコン

シリカ水って飲むと癌になるらしいよ

女性アイコン

シリカ水で癌になるって本当?

のような投稿を見かける事があります。
これからシリカ水を飲もうか考えている時に、「癌になる」なんて話を聞けば不安になりますよね。

しかし、安心してください。

シリカ水を飲んで、癌になることは絶対にありません。

ではなぜ、このような間違った情報が言われることがあるのでしょうか?
実は、シリカの状態によっては癌になることがあり、そこで誤解が生じています。

「シリカ水を飲む」こととは、全く関係のない話なのですが、良い機会ですので、癌になる話や誤解が生まれる原因について解説したいと思います。

シリカ王子

当サイトでは、元シリカ水メーカー社員のシリカ王子が、シリカに関する豆知識やシリカ水の選び方などを、できるだけ専門用語を使わずに詳しく説明しています。

シリカ王子プロフィールはこちら

結晶質シリカと非晶質シリカ。発がん性はどっち?

結晶質シリカと非晶質シリカ

まずは、シリカの成り立ちから説明しましょう。

私たちが生活する地表付近では、ケイ素が25%も含まれています。
しかし、ケイ素は単体ではなく、ほとんどが酸素と結合して、二酸化ケイ素になっています。

この二酸化ケイ素が、通称「シリカ」と呼ばれています。

シリカは、岩石や土の中に多く存在していて、大体50~70%を占めています。
つまり、私たちの身の回りは、結構シリカだらけなんです。

このシリカなんですが、

・岩石中に含まれるものは結晶化していて「結晶質シリカ」と呼ばれます。
・土に含まれるものは結晶化していないので「非晶質シリカ」と呼ばれます。

シリカの分類1

発がん性の話になりますが、
「結晶質シリカの粉塵を長期的に吸引もしくは、短期的に大量に吸引した時」
に肺癌や呼吸器の疾患につながる可能性があります。

ここで覚えておいて欲しいのは、「吸う」と健康被害があるという事です。
ちなみに、非結晶シリカを「吸う」事に関しては、「有害性は相当低いが、高濃度暴露に注意しましょう」という事です。

参照:厚生労働省
労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令及び労働安全衛生規則の 一部を改正する省令の施行について

普通に暮らしていて、岩石の粉塵を吸うような状況はありませんが、鉱山作業者や石材業などの現場ではしっかりとした対策が必要とされています。

厚生労働省 職場のあんぜんサイト
安全データシート 結晶質シリカ(石英)

非晶質シリカには「水溶性」と「不溶性」がある

不溶性シリカと水溶性シリカ

さて、シリカは「吸う」ことに健康被害の可能性があるお話をしました。
では、「食べる(飲む)」はどうでしょうか?

土の中にある非晶質シリカの中に、少しだけ水に溶けるシリカがあります。
これを「水溶性シリカ」と呼んでいます。

シリカの分類2

植物も動物も、水溶性シリカを大いに活用して生きています。

土の中にある水溶性シリカを、植物は根から吸収します。
人間は、植物(野菜や穀物)・肉を食べ、それらに含まれる水溶性シリカを腸で吸収します。

水溶性シリカを「食べる(飲む)」事については、厚生労働省の食品衛生法で「人の健康を損なうおそれがない」と認められています。摂取量についても上限は定められていません。
上限が定められていないという事は、大量摂取による副作用についても報告例がないという事です。

植物性シリカという名前が誤解を生む

植物性シリカと鉱物性シリカ

さあ、それでは本題に入っていきましょう。

シリカ水を飲むと癌になるという誤解がなぜ生まれるのか?

どうやら、そこにはシリカを「植物性シリカ」と「鉱物性シリカ」という、ある種悪意のある区別の仕方をする業者の思惑が見えます。

シリカをどのように区別しているかというと、
シリカ水に溶け込んでいるのは、土の中のミネラルなので「鉱物性シリカ」
稲のもみ殻など、植物から人工的に抽出された水溶性シリカを「植物性シリカ」

そして、大体このように書かれています。
「植物性シリカは100%安全。鉱物性のシリカは発がん性があります」

シリカの間違った分類

これでは、基礎知識がないほとんどの消費者は、シリカ水は癌になる?って勘違いするしかありませんね。

「植物の中にあるシリカだけが安全で、その他のシリカは全て発がん性がある」なんて、なかなか悪質なデマです。
(結果、植物性のシリカサプリだけが売れれば良いとの思惑が見えます。)

何度も繰り返しになりますが、結晶性シリカを「吸う」時だけ発がんのリスクがあるだけで、水溶性シリカを「食べる・飲む」には、何の関係もありません。

水溶性シリカをどうしても区別するのであれば、

シリカ水の中に入っているのは、「鉱物由来の水溶性シリカ」
稲のもみ殻などから抽出されたものは「植物由来の水溶性シリカ」

となり、もちろんどちらも100%安心安全で国のお墨付きなのです。

鉱物由来でも植物由来でも、健康効果は同じです。

シリカは必須ミネラルではありませんが、今、その重要性が世界的に注目されているミネラルです。自分の商品だけ売れれば良いと、消費者にマイナスイメージを与えるような説明をしている会社があることは本当に残念なことです。

当ブログでは、シリカについてできるだけ専門用語を使わずに、分かりやすく説明しています。
もっとシリカの事を知りたい方は、他記事も参照してみてくださいね。

おススメ記事
シリカって本当に効果あるの?エビデンスをもとに詳しく解説
シリカを豊富に含む食べ物ってなに?

今回のお話で、シリカ水への不安は解消されましたでしょうか?
私の話で分かりにくい部分がありましたら、いつでもお問い合わせからご連絡くださいね。

是非、ご自分に合った最高のシリカ水・シリカサプリを見つけ出してください。

当ブログでは、「みんなで健康寿命100年を目指しましょう!」をモットーにしており、健康的な食生活と運動習慣を推奨しています。

もし、あなたが健康的な食生活を目指しているなら、シリカ濃度以外にも、シリカ水を選ぶ際に大切にして欲しいポイントがあります。

下記の記事でまとめてご紹介しているので、是非一度チェックしてみてくださいね。

新着記事