極天然水

シリカって何?

What's silica?

極天然水とは?

シリカは、コラーゲンやエラスチンをつくり、
結びつける成分です。

シリカ(ケイ素、珪素)は、お肌や髪、爪、血管、細胞壁などに含まれ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンを作ったり、強化する働きをします。

女性

シリカはカラダが必要としているミネラル

お肌をぷるぷるにする

皮膚(真皮層)に多く含まれ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを結び付けて肌のハリや弾力を維持し、潤いを保ちます。弾力と潤いのない肌は、たるみやシワになりやすいです。

シリカ

肌の弾力や潤いを保つ
ぷるぷる層(真皮層)の結合を強め、
再生にかかわる成分です。

表皮層真皮層

髪や爪をキレイに保つ

シリカは組織同士をつなげるはたらきをしていて、髪や爪にも深くかかわっています。老けて見える原因のひとつ「バサバサで潤いのない髪」や「欠けやすい二枚爪」は、シリカも不足している状態です。

骨をしっかり丈夫にする

骨を形づくる細胞壁には特に多くのシリカが含まれています。シリカは、軟骨の強さや骨密度に深くかかわる成分だと考えられています。

関節をさびつかせない

関節を組み立てている骨・軟骨・靭帯・腱にもシリカが大事な役割を果たしています。関節が動かしにくくなるのは、シリカと深いかかわりを持つコラーゲンの不足が原因の可能性も指摘されています。

血管の弾力を保つ

シリカやコラーゲンは、血管の弾力を保つ成分です
硬くなった血管は、めぐりを滞らせたり、血圧にも関わるので、弾力を保つことはとても大事です。

でも、シリカは体内でつくれません。

シリカは年齢を経るとともに減り、
40歳以降はほとんど作られなくなります。
例えばお肌の老化も、
シリカの不足が原因のひとつなのです。

だから、
食べ物や飲み物で
積極的に補う必要があります。

健康なカラダをつくる美しさを保つ年齢による衰え防止

シリカが不足すると…
老化が進み、美と健康がレベルダウン。

肌のたるみ・シワの原因に

お肌を支えてハリと潤いをもたらすコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の結び付きが弱まると、弾力と潤いが失われ、たるみやシワの原因になります。
シワたるみ

関節にしなやかさがなくなります。

関節を組み立てている骨・軟骨・靭帯・腱が弱まると、スムーズな動きが損なわれます。クッションが弱くなることで、痛みや炎症を引き起こす可能性もあります。

髪のツヤがなくなり、パサつきやすくなります。

髪が弱くなってツヤが失われ、潤いを保てないのでパサつきやすくなります。ツヤのないパサパサの髪は、老けて見える原因です。

二枚爪や割れが起こりやすくなります。

爪が健康でないと、二枚爪になったり、割れたり欠けたりしやすくなります。

骨粗しょう症や虫歯になりやすくなります

カルシウムとともに骨を形成するシリカが不足すると骨が弱くなったり骨密度が減ります。また、歯の健康が損なわれ、虫歯になりやすくなります。

血管に弾力がなくなります。

血管の弾力を保つシリカが不足すると、血管が固くなり動脈硬化や高血圧などのリスクが生じます。

※効果には個人差があります